head07
光井勇人 –Hayato Mitsui 24歳
私立大学総合政策学部3年生
地域活性化イベントの企画
大学では学園祭実行委員会のスタッフを務めた。現在は、60歳過ぎの方とともに横浜の地域活性化イベントを企画中。

一生懸命な人はいくつになってもカッコイイ!

大学2年生の夏、横浜で若者と一緒に地域活性イベントをしたい!という定年退職した方に出会った。話を聞くと、2009年に横浜が開港150周年を迎えるにあたり、その方は「自分が生まれ育った横浜に恩返しがしたい!」という、アツい想いを持ってイベントづくりに挑戦していた。だが、キーになる学生の巻き込み方が分からなく困っていたのだった。ゼロを1にするという試みは並大抵のことではない。僕は彼の話を聞いているうちに、60歳過ぎの彼から、僕の友達にも勝る熱意や一生懸命さが伝わってきて、心を動かされた。この人と最高のイベントが作りたい!一生懸命は必ず伝わる。僕らの一生懸命が一人また一人、人の心を動かし始めた。同じ想いをもった仲間が集まり実行委員会が発足し、地域・商店街の人を巻き込んでの祭づくりが始まった。イベントを通してすべての人を楽しませたい、泣かせたい、笑わせたい。心を動かしたい。僕にとって学生時代最大の挑戦がいま始まった。